忍者ブログ
5年以上ネットビジネスで生活をしているSLAYERがお知らせする限定情報!極秘・貴重・レア有! 超辛口です
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

職探しには自己分析をすることがポイントです。

職探しで大事なことは、自分が自分をどれだけ理解しているかということです。

何を基準に選べばいいのか、迷っている人が多いのではないでしょうか?

それは自分を良く知らないからです。

積極的なのか、消極的なのか、真面目なのか、楽天家なのか、何が好きなのか、何が嫌いなのか、肉体派なのか、頭脳派なのか、何が得意なのか、何が苦手なのか、自分はどんな性格でどんなタイプの人間なのか、性格に答えられる人はほとんどいないでしょう。

分析できれば、逆に長所短所を活かすことが出来て、職探しも容易になります。

ここで云う自己分析とは、なにも性格や能力の分析だけでは無いのです。

自分の経験をしてきたことを思い出したり、自分が生きてきた過程を振り返りることでできることなのです。

自己分析は、ただ思うことではなく、紙に書くことで、いろいろなことが見えてくるのです。

これを機会に自己分析ノートを作ってみてください。

職探しに役に立つ、必要になる、自分自身の今まで気付かなかった事が見えてくるはずです。

自己分析は自分独りですればよいのでしょうか?

自分を客観的に見ることが出来ても、あくまでもそれは自分の目線でしかありません。

自分の短所には目をつぶりがちです。

今まで生きてきた過程で、たくさんの人と関わってきたはずです。

自分は人に対してどんな印象を与えているのか、どんな風に思われているのかなど、家族や、親しい友達や、学校の先生にも聞いてみるといいでしょう。

予想もしないような意見もあるでしょう!

これからはじめる職探しにはもちろんのこと、今後必要になってくる履歴書作成や面接にもきっと役立つでしょう。

自己分析をするかしないかで、職探しの楽しさを見出せるか見出せないかが分かれてくると思います。
PR
職探しする前に大切なことを調べています。

職探しをする前に何をすればいいのでしょうか。

仕事を探すといっても、会社の雇用形態も時代の変化と共に変わってきており、一番の問題は労働者側の希望と経営者側の希望との間にズレが生じて、以前に比べてマッチングが難しくなっているのです。

今非常に問題になっている格差社会の影響があるのでしょうか。

ここ最近では、派遣労働者の業務についての問題などが取り上げられたり、違法な雇用形態によりニュースになっている派遣会社もあるようです。

そんな中で、職探しは年々難しくなってきているようです。

このように年々複雑になっていく就職環境の中で、効率よく自分が求める職に就く為にはどのようにするべきなのでしょうか。

職探しは、自分の能力に見合った給料であるのか、生きがいを感じる仕事かどうかなど、人それぞれの最低条件を考えなければなりません。

職探しをする前に、世の中の現状や自分を取り巻く環境や、自分の能力などを知らなければならないのです。

人脈も1つの手段です。

職探しには信頼関係も必要です。

ここで云う人脈は、それを悪い意味でのコネと捉えずに、信頼関係の賜物だと、自分だからこそ採用してもらえたという自信につなげるのです。

自分の希望と合致する職に関する情報を積極的に収集しましょう。

比較するポイントは、給与、休暇、福利厚生、手当てなど、たくさんあります。

自分の希望条件を前もって整理しておくことも大切です。仕事をすることで得られる給料は、生活をしていく上でなくてはならないものですから、いままでの家計の収支を計算しておくことも大切です。

家族の協力が得られるか否かは、今後の生活に大きな影響をおよぼします。

ぜひとも家族を一緒に生活している人は、ひとりで就職活動をするのではなく、周りの人ともよく相談しながら進めていくことも必要です。

とにかく「情報、状況を把握すること」が、効率良く職探し出来る第一歩といえるのではないでしょうか。
円満退社の仕方についてお話します。

転職活動をはじめるに当たって、必ずしなければならない事がいくつかあります。

まず第一に現在の会社を円満に退職することです。

会社に在籍していた期間が長くても短くても辞める際には、会社や他の社員の方に迷惑がかからないような退職ができるように心がけましょう。

まず退職の2ヶ月前には直属の上司にその意思を伝えます。

上司に話す前に同僚に話すのはやめましょう。

1ヵ月半前に退職日の相談をします。

退職が決定すれば、期間的に少なくとも30日前には退職願を提出するようにします。

さらに10日前にはすべての取引先への挨拶等、引継ぎがすべて完了するようなスケジュールを組みます。

できるなら、会社の繁忙期を避けるようにして、十分な引き継ぎ期間が取れる日程を組めるようにしましょう。

一番最後の退職日当日は、会社から貸与されているすべての物品を返却します。

その他にも机、ロッカー、下駄箱、社用車などが片付いているかどうかを確認します。

これらの作業はしっかりと日程を組んでしまえば済むのですが、やはり一番ネックになるのが会社に対して退職の意思を伝えることでしょう。

退職の意思を伝える時に大切なのは自分の意思がしっかりと固まっていることです。

その意志を自分で確認した上で「相談があるのですが・・・」

とあくまで相談という形で、上司に話を切り出すようにします。

よくあるトラブルなのですが、直属の上司に退職の意思を伝えたからといって、すぐに同僚や部下に退職の話をするのは避けた方が無難です。

なぜなら退職の報告を受けた上司は、退職したあと業務を滞りなく進めるにはどうしたら良いか、後任をどうするのか、などを考える必要があるからです。

それが済んでから、正式に会社から辞令が出るまで自分から話すことは避けるほうが好ましいでしょう。

退職理由を報告するときの、円満退社をするためのポイントは、個人的な理由を挙げることです。

反対に会社に対する不満を退職理由にしてしまうと、その改善を理由に退職を引き止められることも予想されます。

さらに残る側にとっても、退職する時にあれこれ不満を残していったのであれば、言われた側はあまり良い気がしないからです。

退社の意志を伝えたときに、思っていた以上に強く引きとめられる可能性も考えられます。

引き止められた場合には、これまでに会社で教育を受けたことに感謝しながら、自分の退職したいという意思を伝えるようにします。

ここで円満退社のために重要なのが、否定的な退職理由ではなく「キャリアアップしたい」などの自分にとって前向きな理由を話すことが効果的です。

退職の意思を伝えてもなかなか許可が下りなくて、時間がどんどん経過していつまでも平行線のままとおいう例も聞きます。

実は、退職することは法律で認められた労働者の権利なので、会社は強制的に労働者を雇うことは出来ません。

もしもなかなか退職させてもらえないのであれば、労働基準監督署に出向き相談することもひとつの方法です。

条件や待遇の改善によって引き留められた場合でも、本当に上司が自分のこれからのことを考えてくれているのか見極めることが大事です。

いずれにしても引き留められて気持ちが揺らぐようでは転職後も後悔するようなことになるかもしれません。

しっかりと自分の意思を固めることが一番です。
自分に合った求人情報の選び方について。

転職活動をスタートする際には、まず求人情報を集めることですが、インターネットや求人情報誌などのたくさんある求人情報の中から、いかにして自分の希望する本当に適した仕事を見極めることができるのかが転職活動を成功させるためのポイントです。

まず最初に、仕事探しをする上で自分にとって絶対にゆずれない項目をいくつか選択しておくことをおすすめします。

そうすることで仕事を選びやすくなります。

自分に適した仕事情報をいかにして効率よく見つけるかが転職活動を成功へ導く為の第一歩だからです。

自分が次の仕事を決めていく時に、これだけは絶対にゆずれないポイントを絞っておくだけでも「これだ・・」と思えるような、希望している条件と合致する仕事を見つけやすくなります。

具体的な募集要項の各項目については、仕事内容・会社の雰囲気のほか給与面・通勤場所など、できるだけ具体的に考えておく必要があります。

求人情報の見方も勉強する必要があります。インターネットの求人サイトやハローワークなどで見られる募集要項の各項目の見方です。

たとえば、募集要項に表示されている給与は、特別な表記が無い限り、通常は総支給額(税金や保険料を引く前の金額)になります。

そこからおよそ20%が差し引かれることを頭に入れておかなくてはなりません。

社会保険完備という表記の場合、次の4つのことを指します。雇用保険、労災保険、年金、健康保険のことです。

これらの保険は、就業する条件によって加入できない場合もあるので、自分でも保険や年金の制度を勉強しておくことをおすすめします。

また「週休2日制」と「完全週休2日制」は似ているようでまったく違います。

完全週休2日制は年間を通じて1週間のうち必ず2日は休めるということです。

一方、週休2日制は、1ヶ月のうち1週でも休みが2日あれば良いのです。

たとえば残りの3週は、週に1回しか休みが無いということもありえるのです。

以上のように、募集要項の表記方法でも普段見られないものもあるので、求人している企業にアプローチをかける前に、しっかりと自分で勉強することも大変重要になってきます。
転職活動の仕方。

近年日本では終身雇用という考え方がだんだんと薄れ、転職を繰り返しながらキャリアアップをしていくという人が増加しています。

会社に就職してから、特に最初の2~3年で転職を考えることが多いようです。

実際に若い世代における転職活動は活性化しています。

実際に転職しようと思った時に何をどのようにすればスムーズな転職活動かできるのでしょうか?

まず必要なのは、「何故自分は転職したいのか?」を自分なりに整理することが大切です。

次に転職活動と職探しの流れを把握することも大切です。

各人、転職のきっかけは様々です。今の会社をやめて仕事を変わろう考えた時に最初にすべきことは、自分の考えをまとめることです。

そして、これから就職活動をするに当たって自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。

そのためには、まず今までの自分の仕事内容、キャリアを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理してみることです。

その上で進みたい方向を検討することを始めます。

それからいよいよ職探しです。

インターネットやフリーペーパー、もちろんハローワークにも通って、いろんな媒体を調べて仕事情報を集めましょう。その中から希望の会社をピックアップします。

ぜひやってみたい仕事、チャレンジしてみたい仕事が見つかれば、職務経歴書や履歴書を作成して、その会社に応募してみましょう。

応募の前には、面接や試験の準備もしっかりしておく必要もあります。

内定をもらうことができたら、いまの会社の退職する日を決めて直属の上司に退職願いを提出します。

会社から指示された書類などの各種手続きも漏れなく完了させて円満退職することを目指します。

自分がしてきた業務の後任者には、最後まで丁寧に引き継ぎをするよう心がけましょう。

ここまで説明してきた転職活動の流れを目安に転職活動の日程を組み立ててみましょう。

いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動の流れのスケジュールを決めていきます。

転職活動にかかった期間はだいたい1ヶ月~3ヶ月ぐらいという人が多いようです。

まずは、このくらいの期間を想定して自分なりの転職活動スケジュールを立ててみましょう。
  |HOME|  
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:

slayer
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/09/08
職業:

最強のニート
趣味:

 音楽鑑賞 ドライブ 衝動買い

自己紹介:


実際に試してみていい情報と

クソ情報を


超辛口でお知らせ!


クソ情報が多い中、


購入の際の判断にして下さい


何とあの商材までこきおろし!

無料情報
商品検索
このブログ以外の 貴方の欲しい情報商材が 検索できます
           
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
SEO関係